弁護士資格取得の試験合格率とは

弁護士になりたいときの対策

弁護士試験に受かるための準備

弁護士になるためには、試験を受けて適性があると判断してもらわなくてはいけません。一般的に、世の中で働いている法曹家は国家資格であるので国家試験を受けてそれを突破する必要があります。ただ、こうした国家試験も従来までは難しいものが多かったのですが、特に弁護士や検事、裁判官を選抜するための司法試験に関しては年々その難易度が下がってきている傾向にあります。これは、合格率が上がってきていることを意味します。その大きな要因として挙げられるものに、法科大学院というものがあります。法科大学院に通えば、その学校のカリキュラムを無事に全部終わらせることによって、法曹家に必要な法律的な知識を一通り網羅できるようになっています。合格率が高いのも、法科大学院に通って勉強をした人は法曹家である条件を満たしていることが多いからであり、その影響もあって高い合格率を維持しています。そのため、弁護士になりたいと考えている人はまず法科大学院に通うことを考えなくてはいけません。ただ、法科大学院に通う時間がもったいないと考える人は、直接試験を受けて法曹家を目指す道もあります。この場合は、独学で全ての勉強をしなくてはならないので相応の準備が必要です。

↑PAGE TOP