弁護士資格の取得試験の難易度

簡単になった弁護士試験

弁護士試験の難易度は高くない

一昔前と比較すると、弁護士試験の難易度はそれほど高くはありません。これは、試験を受けるための準備として、政策面から受験者に支援が与えられているからです。この支援制度のことを法科大学院制度と言います。法科大学院制度がつくられる以前までは、弁護士になるための司法試験は日本で最も高い難易度を誇る試験でした。しかし、法科大学院の制度ができると、この大学院で受けることが可能なカリキュラムをこなせば、誰でも法律家になることができるだけの法律的な素養を取得することができるようになりました。そのため、一昔前までの難易度と比較すると合格率も10倍ほど上がっています。実際に弁護士になるためには、まず法科大学院に通って2年から3年程度のカリキュラムを受ける必要があります。この中には様々な講義や実践型の講義があり、例えば実際の裁判所を模した部屋で討論を行うようなものまで存在します。一通りのカリキュラムが終わると、その人は試験を受けることができるようになっており、そこを受かれば修習生として弁護士や検事、弁護士への道が開かれることになります。難易度に関しては法科大学院に行けば独学でも問題ないレベルなので安心できるでしょう。

↑PAGE TOP