弁護士資格の試験内容について

弁護士など法曹三者を目指すには

司法試験に合格して弁護士に

弁護士になるためには裁判官や検察官と同様に司法試験を受験し合格する必要があります。受験には資格が要求され、法科大学院を修了するか又は予備試験に合格している必要があります。当該資格の有効期限は修了日又は予備試験合格の最初の4月1日から5年間です。試験内容は短答式と論文式に分かれます。それぞれの試験科目として、短答式は憲法、民法、刑法の3科目に関して5肢択一で解答します。論文式は4科目について行われ、公法系が憲法及び行政法、民事系が民法、商法及び民事訴訟法、刑事系が刑法及び刑事訴訟法、最後に選択科目として、労働法や租税法、倒産法、知的財産法などから受験者が1科目選びます。論文式の内容は、具体的事例が提示されますので、それに対して法的解釈を記述するものです。合格後は、司法修習生として分野別修習や集合修習などを約1年行います。当初の受験科目や内容によって自ずから弁護士や裁判官、検察官に分かれるわけではなく、自身が希望する進路を選択します。このように弁護士になるためには様々な関門をくぐり抜けねばならず、しかも受験資格が5年と区切られているためプレッシャーが大きく、合格するには強い覚悟をもって臨む必要があります。

↑PAGE TOP